TOKUSHIMA
グラン徳島

リオ・コンサルティング / リノベーション事例集 Architecture Design Work

【所在】 徳島県徳島市八百屋町1-14【用途】 事務所【構造】 SRC造地上6階建
【竣工】 1987年2月【敷地面積】 710.04㎡(214.78坪)【延床面積】 2,848.72㎡(86.17坪)【工事完工】 2021年12月

伝統産業を用いて徳島カラーを引き出した、徳島ならではのデザイン

徳島県徳島市に位置する オフィス物件の1棟リノベーションプロジェクト。
藍染づくりの本場である徳島にはその伝統が引き継がれており、
また瀬戸内海には三大潮流と呼ばれる鳴門海峡があり世界最大級の渦潮がうまれることから
『藍(藍染)・碧 ( 瀬戸内)・白(渦潮)』をコンセプトとした。
(2021年12月竣工)

印象が薄いエントランス外観を、白のルーバー材でフレーミングすることにより視認性を上げている。
また、オフホワイト系のタイルで仕上げられた無機質なエントランスに、阿波和紙のグラデーションが映えるサインを設置。
瀬戸内海の碧と渦潮の白を取り入れ徳島カラーに包まれた空間に仕上げた。

ラウンジには藍染めの伝統が今も引き継がれる徳島ならではの藍色を使い、落ち着いた雰囲気に。
奥行きのある殺風景な廊下を、碧色と白を組み合わせることで引き締めつつ和紙調のサインやアートで暖かみを演出した。

下記写真をクリックでタップで
Before←→Afterが切り替わります。

外観

エントランス

ラウンジ

廊下

共用廊下