FUKUOKA
ステーションプラザ
久留米ビル

リオ・コンサルティング / リノベーション事例集 Architecture Design Work

【所在】 福岡県久留米市東町36-8 【用途】 事務所 【構造】 SRC構造(1〜4F)・RC 構造(5〜8F)
【竣工】 1980年 【敷地面積】 826.45㎡ 【延床面積】 3648.14㎡

「久留米絣(かすり)」をモチーフに取り入れた
特徴的な外装および内装デザイン。

西鉄久留米駅近くに立地し、生命保険会社が所有していた旧耐震ビル。
耐震化工事と合わせて、街の新たなランドマークとなるように
特徴的な外装および内装のリノベーションを施した。

久留米に歴史を持つ織物「久留米絣(かすり)」をデザインのモチーフに取り入れ、
糸が織られることによる「織目」や「奥行き」、染によって生まれる「白」模様を表現している。

デザインのモチーフは内部にも展開させ、
既存のタイルに新たなレイヤーを重ねるように意図した。

下記写真をクリックでタップで
Before←→Afterが切り替わります。
before
after

エントランスホール

before
after

エントランス

before
after

エレベーターホール